ヤミ金に強い弁護士事務所は?


ヤミ金からお金を取り返す方法

ヤミ金から被害金を取り戻すことは一般的に言って難しいことです。これだけ法外な利息の借金を取り返せないことは実に情けない話しですが、ヤミ金は、所在がつかめないこともあり、交渉自体がまったく進みません。そのため、一般の過払い金返還とは違った手法が、お金を取り戻すのに使われています。

 

 

ここでは、ヤミ金から、これまで支払ってきたお金を取り戻すことができるかについて考えてみました。ヤミ金からお金を返させるには、「振り込め詐欺救済法」を使った口座凍結がもっともよく知られています。ただし、口座凍結をすると簡単に解除できませんし、自分の口座が凍結されるなどの別の被害も増えています。

 

 

ただ、ヤミ金からお金を取り返す方法を考えるとき、口座凍結を抜きにしては考えにくいでしょう。いずれにせよ、ヤミ金からお金を取り返すことは、厄介なことなのです。

 

 

ヤミ金からお金を取り返せるかのしれない「振り込め詐欺救済法」に基づく口座凍結とは?

 

ヤミ金は通常の貸金業者とは違い、お金を取り戻すにしても、簡単には交渉できません。また交渉できたとしても、返金を前提とした話し合いができるかもわかりません。

 

 

このようにヤミ金は、話し合いや交渉で、簡単にお金が返ってくる相手ではありませんから、まったく別の方法を使います。それが口座凍結です。口座凍結とは、犯罪に使われた口座を凍結し、口座に残っている被害金を分配するものです。

 

 

これは「振り込め詐欺救済法」と言う法律を利用した画期的な方法で、ヤミ金や振り込め詐欺の被害者が、振り込んだ銀行口座を凍結させ、その銀行口座からお金を取り戻す手続きです。

 

 

ヤミ金の被害者自身が手続きすることもできますが、素人がある当該口座を犯罪に使用しているとは安易に判断できない場面もあります。口座凍結をする場合は、担当の弁護士・司法書士に相談して任せたほうがよいでしょう。

 

 

自分の口座が凍結されていた!

 

お金を取り戻すための口座凍結ですが、自分の口座が凍結されてしまう例も多発しています。これは、理由は簡単で、返済金の振込先に自分の口座を指定されるから、このようなことが起きるのです。つまり、ヤミ金から借りたお金が、他のお客の返済金だったと言うケースです。

 

 

これを避けるため、ヤミ金から振り込みを受けた口座は速やかに解約することです。これはヤミ金が押し貸ししてくるリスクも同時に軽減できます。

 

 

自分の口座を他のお客の返済口座に使われた可能性は、貸付金の入金があったかを、ヤミ金が連絡するよう求めてきた場合に考えられることです。このような連絡がヤミ金からあった場合は、すぐ口座解約したほうが良いでしょう。

 

 

なお、口座凍結を解除するには、犯罪に使われていないことを証明しなければならず、実質解除することは難しいことになります。

 

 

口座凍結以外でお金は取り戻せるか?

 

口座凍結は、口座にお金がなければ分配できませんが、実際に分配できた例は少なくなっているようです。口座凍結は犯罪に使われた口座かの判断が難しく、誤って凍結させた場合は損害賠償を迫られることもあり、すぐ実施できないのも原因になっています。

 

 

一方でヤミ金はすぐお金を引き出しにかかります。口座が凍結できてもお金がなければ分配もできません。そう考えると、ヤミ金からお金を取り戻すことが、いかに難しいことかがわかります。

 

 

トラブルもあり、回収率も低いため、口座凍結は慣れていなければやりたがらない弁護士・司法書士もいます。しかし、交渉や話し合いができないヤミ金から、お金を取り戻す方法がないのも事実です。ただ一方では、口座凍結を積極的にすすめる弁護士・司法書士もいます。口座凍結はやってみる意味のある方法ではないでしょうか。

あなたの借金どれくらい減るか知りたくありませんか?

一般の過払い請求が使えない!ヤミ金から被害金を取り返す方法 一般の過払い請求が使えない!ヤミ金から被害金を取り返す方法



一般の過払い請求が使えない!ヤミ金から被害金を取り返す方法 一般の過払い請求が使えない!ヤミ金から被害金を取り返す方法