ヤミ金に強い弁護士事務所は?


ヤミ金から借りたお金は返済義務はありません

ヤミ金から借りたお金は返済義務はありません(この言葉で楽になった方もたくさんいるようです)。

 

 

ここでは、それが判例となったヤミ金の一大事件を紹介すます。これを読めば、もうヤミ金からのお金は返さないで良いことがわかります。ただ、相手もヤミ金ですから、それを煽ってしまえば終わりです。いらぬしっぺ返しが降りかかるかもしれません。記事では、むかし多発した、公正証書による給与差し押さえの事例をあげて説明しています。

 

 

ヤミ金のお金は違法で、返す必要ないお金ですが、だからと言って、そのことはむやみに言わなくても良いのではないでしょうか。手痛いしっぺ返しを受けてしまえば、元も子もないからです。

 

 

ヤミ金の借金は、たとえ元金さえも返済義務がない

 

繰り返しますが、ヤミ金から借りたお金は返済しなくてもいいのです。それでは元本はだけ返しておけば良いかというと、これも違います。

 

 

ヤミ金から借りたお金は、不法原因給付にあたります。不法原因給付とは不法な原因に基づいてなされた給付を指し、「不法な原因のために給付をした者は、その給付したものの返還を請求することができない(民法第708条1項)」とされています。

 

 

ヤミ金は信じがたい不法な利息でお金を貸し付けています。ですから不法な原因による給付をしたと判例も判断しているのです。つまりヤミ金から借りたお金は利息のみならず、元本も返済しなくて良いということです。

 

 

山口組系・旧五菱会のヤミ事件の最高裁判例

 

ヤミ金から借りたお金は元金も返済不要なったのは、2008年6月、当時山口組系・旧五菱会のヤミ事件の最高裁判決が判例となり、このきっかけをつくりました。

 

 

裁判で被告の梶山進受刑者(組織的犯罪処罰法違反で有罪確定)は、返済した元金と利息に加え、脅迫的な取り立てを受けた慰謝料などを合わせた約3500万円の損害賠償を原告側から求められました。

 

 

そして、最高裁第三小法廷(那須弘平裁判長)は「著しく高いで違法な貸し付けをした業者からは、だけでなく元金も含めて借り手が支払った全額を損害として取り戻せる」とのはじめての判断を示し、二審の「元本分を差し引いた金額」を損害額と認定した判決を退けたのです。この判決は注目を集めました。

 

 

この判例ができたことで、警察のヤミ金捜査も少し変わったように思います。またヤミ金が080(090)金融に変わるきっかけになったのもこの時期を境にしてではないでしょうか。

 

 

ヤミ金の元金は初回は少なく、大抵の方がそのぶんのお金は返してしまっているものです。ただし、それすら、もらったままで良いとする判例がでたことは、ある意味で画期的なことではないでしょうか。

 

 

ヤミ金側の腹癒せには要注意!

 

ただし、「ヤミ金のお金は元本も返さなくて良いのだ」と言っていると、ヤミ金は腹癒せに何かをしてくるかもしれません。たとえば、以前のヤミ金なら、実際に借りた額と違う公正証書や借用証書をつくり、これを請求してくることがあります。調子にのって好き勝手言っていると、腰を折られるのです。

 

 

それでもこうした手口を使うのは、ヤミ金が街金とよばれていた(店舗運営していた)ころの話しです。公正証書をつくる公証人(元裁判官か検察官が引退後に就任する)もヤミ金に手を貸す人は少なくなっています(080金融が全盛のヤミ金の時代では、すでに過去の時代の話しとも言えます)。

 

 

それでも、手口だけ簡単に説明すると、印鑑証明書を使って勝手に公正証書をつくり、公正証書の効力で給料の差押えられてしまうというものです。勤め人にはつらい仕打ちです。

 

勝手に公正証書をつくるということは、当然訴えればボロがでますが、公正証書による強制執行を止めるためには執行停止の申立(請求異議の訴え)をおこさなければなりません。これには別途保証金が必要で、訴えた側には労力・負担が増します。

 

 

とにかくこれを阻止するには、印鑑証明書を渡さないことです。数万円借りるのに、印鑑証明書は絶対使いません。それとヤミ金に直接、「ヤミ金から借りたお金は返さなくても構わない」などと告げないことです。相手を怒らせても何も出てきません。いまはこうした被害も少なくなりましたが、まだ完全になくなったとは言えません。ものの言い方にはくれぐれも注意してください。

あなたの借金どれくらい減るか知りたくありませんか?

ヤミ金の借金は返す必要はない ヤミ金の借金は返す必要はない



ヤミ金の借金は返す必要はない ヤミ金の借金は返す必要はない