ヤミ金に強い弁護士事務所は?


ヤミ金の返済が間に合わないようになったら

これまで無理して守って来た返済日。しかし、どこからも借りれなくなり、ついにはじめて返済に間に合わないという事態に。あなたならどうするでしょう?

 

 

ヤミ金のような法外な高金利の借金を返し続けていけば、これはかならず起こることです。ここでは借金を返済できなくなった時、自分ならどうするか問題提起しています。答えはすでにでているのですが、一度みなさんも考えて欲しいと思います。

 

 

返済を待ってもらうこともできる、ただし弁護士・司法書士に相談するのもひとつの方法

 

ヤミ金から借りたお金の返済期日が近いが、間に合わない、返済できないなどで困っている方は多いと思います。しかし、慌てる必要はありません。これまで遅れずの返してきたのであれば、ヤミ金と言えど事前連絡すれば多少は待ってくれます。ちゃんと返したいのなら、遠慮せず返せる日を連絡すれば良いでしょう。

 

 

ただし、もしあなたが返すのをあきらめたとか、これだけ高い利息を返していくのは懲りごりと言うのなら、しかるべき人間に相談されたほうが、あなた自身のためにも良い決断となると思います。しかるべき人間と言うのはヤミ金の相談にのってくれる弁護士や司法書士です。

 

 

弁護士や司法書士に相談すると、ヤミ金あてに受任通知を出してもられます。相手の所在がはっきりしなくてもかならず相手から電話はかかってきますから、最悪でも、弁護士が受任したことは伝えられます。受任後はヤミ金も手を引くでしょうし、かりに電話がかかってきても無視しておけば良いのです。

 

 

相手はヤミ金ですから、勤務先や親の元には連絡が行くでしょうが、証拠が残る可能性もありますから、地元の街金でもない限り、あなたや関係者に接触しては来ないはずです。早く法律の専門家にヤミ金問題を相談することをおすすめします。

 

 

警察にも相談してみる

 

弁護士・司法書士以外では警察に相談することもひとつの方法です。警察は民事不介入なのでヤミ金問題となると動かないケースが多いとよく言われます。たしかにむかしは、警察に相談してもまともに取り合ってもらえないことがありました。ただしいまは警察も変わりましたし、ヤミ金は出資法違反,貸金業法違反の立派な刑事事件です。警察ヤミ金被害を扱えないというのはいまや誤解です。

 

 

また、警察に相談しても費用はかかりません。最近では弁護士・司法書士でも初回は無料相談と言うところが多いですが、まったく費用がかからないということはありません。それが警察はまったくお金はかかりません(当然です)。ヤミ金からお金を借りているぐらいですから、このことは大きいと思います。

 

 

ただし、都市部の忙しい警察になると、落ち着いて対応してくれるところは少ないようです。ですから、ヤミ金対策の相談にいったとしても、満足に話しも聞いてもられないこともあるようです。これでは「やはり警察は民事不介入ではないか」思うでしょうが、その場合は弁護士・司法書士に相談してください。

 

 

ただし、うまく警察が介入すれば、その場で解決することもあります。ですから、警察への相談は選択から捨てないで欲しいと思います。

 

 

なお、ヤミ金の相談窓口ですが所轄の警察署の生活安全課です。担当の刑事さんに話しをしてみてください。このとき、ヤミ金業者名、いくら借りているか、そしていくら返済したか聞かれると思いますので、その情報を整理しておくことと、振り込みされた通帳や振り込みした時の明細書も持参できると良いでしょう。

 

 

本当の解決につながる方法

 

それでは、弁護士・司法書士、そして警察と言った人たちへの相談をしないで、無料して返し続けることを考えてみましょう。ただ、考えてみたところで同じです。どれだけ続くのかはわかりませんが、工面するあてがなくなり、早晩資金調達に窮することになってしまうでしょう。

 

 

また、あなたがサラリーマンなら、ヤミ金のような短期返済に耐えられなくなることは確実です。サラリーマンは毎月定収入がありますが、日銭は稼げません。2週間や10日おきに返済日がやって来るヤミ金はもともと合わないものなのです。

 

 

もうほかに借りるあてはあるでしょうか。あればまだ返済を続けるつもりですか?それより、ゼロから出直してみませんか。私たちは本当の解決をおすすめします。

あなたの借金どれくらい減るか知りたくありませんか?

ヤミ金の返済に困ったとき、本当の解決の道が見つかる ヤミ金の返済に困ったとき、本当の解決の道が見つかる



ヤミ金の返済に困ったとき、本当の解決の道が見つかる ヤミ金の返済に困ったとき、本当の解決の道が見つかる