ヤミ金に強い弁護士事務所は?


いまは借金ごときで逃げる時代ではない

借金を踏み倒して逃げるという行為は、今では少なくなりました。むかしは、自己破産するのも何かとはばかれましたし、個人レベルで債務整理できる方法も限定されていました。ですから、むかしヤミ金にたかられると、ひどい人は搾り取られるだけ搾り取られました。当然ヤミ金が原因で自殺に追い込まれた人もいます。

 

 

しかし今では時代も変わり、ヤミ金は弁護士や警察に相談すれば、大抵の場合、取り立てからは解放されます。なのにこの時代で、ヤミ金から借金したことで、すぐ逃げる方向を言い出す人を信じられません。ここでは、ヤミ金に借金があることですぐ逃げ出す人について考えてみます。

 

 

たとえば子どもがいれば、学校に行かせなければなりませんが、このとき必要になるのが住民票です。つまり、いくら逃げようと思っても、わかる人にはわかってしまいます。このサイトでは弁護士に相談することをおすすめしていますが、なぜ逃げることが意味のないことか、逃げることを考えている方は、読んでみてください。

 

 

ヤミ金問題を抱えたまま夜逃げを選ぼうと考えている方

 

ヤミ金などの借金で逃げる場合、夜逃げを選ぶことが多いようです。夜逃げ先は国内であり、場所は地方の田舎が多いと思いますが、たとえば地方出身者であれば、地元の親兄弟の住所もヤミ金に伝えてあります。したがって、逃げる先に自分の田舎を選ぶ人は少ないのではないでしょうか。

 

 

ただどこへ逃げようと勝手ですが、ヤミ金に伝えてある親兄弟も取り立ての被害に遭います。それでも良いというなら、その方は相当な馬鹿者です。たとえば結婚していなくても、頃合いを見計らってまともな暮らしを送ろうと住民票を移動すれば、かならず相手にわかります。かりにヤミ金が、あなたが逃げたことをもう追わなくなったたします。ですが、その尻拭いは親兄弟がしなければなりません。

 

 

ヤミ金で夜逃げする人が不思議なのは、それほど高額な借金はしていないはずなのに、夜逃げする資金はまだあることです。夜逃げするお金があるのら、まだいくらでも打つ手はあるのではないでしょうか。

 

 

ヤミ金問題を抱えたまま高飛びを考えている方

 

国内の夜逃げならともかく、海外への高飛びを計画している人もいると聞きますが、これはあまりも意味のないことです。

 

 

国外に逃げるということは、その準備資金もバカになりません。それなのにヤミ金の借金の総額は、いっても50万円ぐらいではないでしょうか。しかも法的には返済義務がないお金です。ちゃんとした弁護士に相談すれば、すぐ取り立ては止みます。

 

 

今は、ちゃんと返済義務がある借金でも債務整理できる時代です。本気で高飛びする勇気があれば、自己破産することもできます。ただしヤミ金でこしらえた借金は本来返さなくても良いのです。高飛び先を考えられる思考能力がまだ残っているのなら、ヤミ金の解決を弁護士に相談することに向けてください。

 

 

ヤミ金問題を抱えたまま国外逃亡を考えている方

 

ヤミ金問題で悩んでいる人が国外逃亡を計画していたりすると、いったいこの人は何を考えているのだろうと、違う意味で心配になります。国外逃亡ということは、当面の間の生活資金も用意していなければなりません。これだけ準備できていればヤミ金などに借金していること自体とても不思議です。

 

 

おそらく別の問題も抱えているのでしょうが、国外に逃亡しても、逃亡先の生活になじめなかったら、どうなってしまうかは想像できるでしょう。それに、食事はともかく収入の確保もできるかどうか心配です。国外に逃亡してしまったほうが借金まみれになる可能性があります。

 

 

悪いことは言いません。まず国内にいてヤミ金問題を解決してください。相談するべき弁護士もたくさんいます。どうしても国外逃亡したければ、ヤミ金その他の借金をすべて片付けてからでも遅くはないでしょう。

あなたの借金どれくらい減るか知りたくありませんか?

ヤミ金に借金があるから逃げようと考えている方に ヤミ金に借金があるから逃げようと考えている方に



ヤミ金に借金があるから逃げようと考えている方に ヤミ金に借金があるから逃げようと考えている方に