ヤミ金に強い弁護士事務所は?


ヤミ金の借金を完済したのにどうして?

ヤミ金は完済できるのか? ヤミ金で借金をしている人は、本当に完済できるか不安に思っている方がいるようです。また借金を完済しても、また条件を変えて接触してきたりと、なかなか関係が切れずいることを不安に思う方もいます。

 

 

実際、ヤミ金に借金を完済しても、完済証明のような書類は渡していないところが殆どではないでしょうか(殆どというよりすべての業者!)。ですから、適当な理由をつけて、別の融資に組み換えさせることなど朝飯前なのです。

 

 

ここではヤミ金ときちんと縁を切る方法を紹介するとともに、最後に返済例をあげて、完済に必要な額について説明しています。参考にしていただければと思います。

 

 

完済してもヤミ金が好む人たちから手を引かない

 

ヤミ金は、借りた本人は完済できた気になっていても、いろいろな言い方で再び融資することはしょっちゅうあることです。また、完済しようとお金を準備しても、何かと理由をつけて完済にならないことがあります。しかし、ヤミ金が好む客を知れば、彼らがそうした客を手放さない理由もわかります。

 

 

まずヤミ金は、期日までに返すお金をきちんと用意する客を好みます。こういう借金の完済意識の高い客は、できるだけ長く付き合いたい客なのです。なぜなら回収努力はしなくても、借金を返してくれるからです。

 

 

またそうした客は、簡単には弁護士に相談はしません。できれば自力で返そうとします。しかしヤミ金に借りるぐらいですから、ほかに借りるあてはありません。結局、複数のヤミ金から借りていっぱいいっぱいになり、最終的に弁護士に相談してきます。

 

 

返済がすぐ行き詰まる客には容赦のない取り立てが始まります。結局ヤミ金は、取れる可能性があれば、人を選ばず取り続けるわけです。

 

 

「払い続ける人から搾取し続ける」のがヤミ金

 

さらにこんな話しもあります。完済したヤミ金から、連絡が途絶えてしまいました。いつもの連絡先に電話しても、電話はつながりません。そのヤミ金とはトラブルもとくになく、お金を借り続けていたのですが、仕方がないので別のヤミ金を使うことにしたのです。

 

 

そのヤミ金にも借りては返しを繰り返していたのですが、あるとき「過去に借りていたヤミ金の残債が少し残っており、利息がかさんですごい金額になっているからどうにかして欲しい」と言ってきたのです。金額を聞いて驚いた彼は、これ以上付き合っていたらこちらが持たないと悟り、弁護士に相談したそうです。

 

 

この話しからもわかる通り、ヤミ金は相手が払う人間だとわかれば、勝手に理由をでっちあげて(ここでは過去につながりのあったヤミ金との話)、払える方向に持っていきます。完済したとしても、それを証明する書類もないのが彼らの世界です。ヤミ金には完済という言葉もおそらくないのでしょう。

 

 

ヤミ金から付きまとわれないための方法

 

こうしてみると、ヤミ金から借りたら際限なく付きまとわれるわけですが、例外もあります。代表的な例外は第三者の介入です。

 

 

本サイトで何度も紹介しているように、警察や弁護士、あるいは司法書士といった人たちへの相談というのは、ヤミ金との関係を断ち切る確実な方法です。ヤミ金との関係が切れずに悩んでいる方は早めの相談が宜しいかと思います。

 

 

それと連絡先を変えることは、関係を断ち切るために有効な手段です。本気でやるなら、ヤミ金に伝えた連絡先すべて変えることです。会社などには、根回しが必要ですが、できないことではありません。

 

 

もうひとつの例外は、あなた自身が身体障害者になることです。これは実際にあった話しなのですが、ヤミ金との関係が切れなかった知人が体調を崩し、脳梗塞になりました。退院後、例のごとくヤミ金からの電話に出て、脳梗塞になったこと、もうつきまとはないで欲しいことを、失語症の声で相手に告げたらしいのです。それ以降、電話は止まりました。

 

 

最後に、ヤミ金の怖さをわかってもらうために、トサンの完済例をあげておきます。トサンと言えども、10万借りたら実質10日完済で利息が6万円必要なのが、これでわかると思います。

 

 

【10万円を融資して10日で利息3万円=「トサン」で10万借りた場合の返済額】
・10万円(元金)+3万円(利息)=13万円(返済金額)
トサンというとこの式をイメージしますが、実際はこうではありません。

 

・10万円(元金)−3万円(事務手数料)+3万円(利息)=10万円(返済金額)
ヤミ金は利息分を事務手数料として元金から差し引きます。つまり10万借りたら7万円しか手元に残りません。ということで上の式が成り立ちそうですが、こうならないのがヤミ金の怖さなのです。

 

・10万円(元金)−3万円(事務手数料)+6万円(利息)→13万円(返済金額)
元金は実質7万円なのですが、事務手数料も利息も返す計算となるのがヤミ金の貸付けの特徴です。実際、元金は7万になり返済額は13万円ですから、利息は6万円(トロク)になる計算です。

 

 

「トサンだから、10日後に利息3万円を足して13万円を払えば完済。それが間に合わなければ、利息3万円を払えば10日間ジャンプできる」と安易に考えるのは、まだヤミ金の怖さをしっかり理解できていない証拠です。

あなたの借金どれくらい減るか知りたくありませんか?

完済しても、なかなか縁が切れないヤミ金の怖さ 完済しても、なかなか縁が切れないヤミ金の怖さ



完済しても、なかなか縁が切れないヤミ金の怖さ 完済しても、なかなか縁が切れないヤミ金の怖さ