ヤミ金に強い弁護士事務所は?


無視する人が2種類いるって、本当?

ヤミ金からの電話を無視できる人は、普通はなかなかいないでしょう。そもそもヤミ金の電話、催促は無視できないものです(違うでしょうか?)。

 

 

ただし、ヤミ金からの電話を無視できる人は、じつは2種類もいます。ひとつは、ヤミ金に手を出した恐怖感がつのり無視せざるを得ない状態の人、もうひとつは意図的に無視できる人です。

 

 

前者はまあ理解できますが、後者の意図的に無視すると言うのはどういう人を指すのでしょうか? 意図的な無視ができるのは、ヤミ金というシステム自体を信用していない人の行為です。ですから、お金を借りたくてヤミ金に近寄ったわけではなく、実際のところどんなものか興味本位で近寄ったわけです。

 

 

ですが、そうしたところで、ヤミ金はそういう人にお金を貸しません。なぜならそういう人を相手にしていたら仕事にならないからです。何だかヤミ金のかたを持つようですが、そういう人は黙って無視していれば良いのです。

 

 

ここでは、ヤミ金からの催促や取り立てを無視するとどうなるかをまとめています。もちろん意図的に無視する人についても触れています。興味があれば読んでみてください。

 

 

ヤミ金からの電話を無視すればいっそう取り立ては厳しくなるだけ

 

ヤミ金の電話は普通なら無視できません。たとえば居留守を使った場合ですが、かならず関係者に連絡がいきます。関係者とは勤務先であり親兄弟などの血縁関係です。結婚されている方なら、もちろん配偶者あてにかならず電話がかかってきます。それでも無視するのなら、子どもの学校にもかかってきます。学区を調べれば、小中学校は簡単に突き止められます。このようにして借りている本人をヤミ金は電話に出させます。

 

 

これは弁護士など、法律家が介入している場合を除いて延々に続きます。弁護士などが介入している場合は、本人ではなく弁護士を通じて話しをしなければなりません。いくらヤミ金が違法行為を繰り返す存在でも、弁護士・司法書士を無視はできません。

 

 

しかし弁護士や警察が介入していないかぎり、本人が電話に着信拒否を使っても彼らからの連絡を無視するのは無理です。人間の心、親の心をもっていれば、いずれは電話に出されるでしょう。そして単純な無視行為であっても、業者は以前にもまして厳しい取り立てを続けます。

 

 

ヤミ金は催促しても無視を決め込める人にお金は貸さない

 

かりにヤミ金から借りた本人が、社会的なつながりもなく天涯孤独な人なら、案外こうしたヤミ金無視は成功するのではないでしょうか。親兄弟もなく勤務先もない人なら、連絡がとれる関係者はいないことも考えられます。しかし、そうした人にヤミ金はお金を貸しません。

 

 

ヤミ金関連の記事を読んでいると、ヤミ金は審査もせず、カモになりそうなら誰でも構わずお金を振り込むという記述を見かけますが、実際そんなことはありません。ヤミ金は慎重に審査しますし、誰彼関係なくお金を貸したりはしません。とくにヤミ金は天涯孤独な人にはお金を貸しません。電話をすれば本人が困ると思われる親族・知人が少ない人は、融資対象から除外します。なぜなら、その人が無視すれば催促もできず、それで終わりになってしまうからです。

 

 

ですからヤミ金は、通常の審査のほかに、関係者の所在もかならずチェックしています。相手がウソを言っている場合はかならず判明します。ヤミ金の審査や調査は思ったよりかなり細かく行われています。

 

 

取り立てを堂々と無視するような人はヤミ金から嫌われる

 

まとめると、ヤミ金は無視されるのがキライなのです。たとえば支払いが遅れそうなら「まずい!どうしよう!」と反応してくれる人が好きなのです。取り立てを堂々と無視するような人は、すでに審査で引っ掛かります。

 

 

ヤミ金からから試しにお金を借りたけれども、まわりにもそのことを伝えているし、どうせ違法なお金なので返済義務ないから怖くも何ともないと考えている人は、絶対相手にしたくないのです。ですから、ほかのヤミ金にも元本さえ返していない借金がある人は、かならず二の舞いを踏む可能性があるので、審査の段階で相手にはしません。

 

 

こういう話しをすると、なかには試したくなる方も出てきますが、もちろん止めはしませんが、やめておいたほうが良いです。

あなたの借金どれくらい減るか知りたくありませんか?

ヤミ金からの電話を無視するとどうなる? ヤミ金からの電話を無視するとどうなる?



ヤミ金からの電話を無視するとどうなる? ヤミ金からの電話を無視するとどうなる?