ヤミ金に強い弁護士事務所は?


ヤミ金の嫌がらせを恐れている方に

ヤミ金にはさまざまな嫌がらせがあります。その嫌がらせは本来関係のない家族や身内にも及びますので、お金を借りた本人も、このときばかりは借りる先を誤ったと痛く後悔します。

 

 

しかし、みんながみんな、ヤミ金から嫌がらせの被害を受けているわけではありません。とくに最近では、嫌がらせまで受けてしまう方は少なくなっているようです。理由は、真面目に返済する方が多くなったことがあげられます(といっても、当面の間ですが)。ヤミ金も返済期日に遅れないで返済してくれれば、やみくもにキレたりはしません。

 

 

ただし、明らかに返済がおかしくなった客には容赦しません。嫌がらせという暴力を繰り返すようになります。ここでは、ヤミ金がどうして嫌がらせを続けるのか、嫌がらせを止めさせる対処法はあるかまとめてみました。債務整理したいが、ヤミ金の嫌がらせが始まったらと考えている方は、ぜひ参考にしていただきたいと思います。

 

 

ヤミ金の嫌がらせは返済が滞り出すとはじまる

 

債務整理をしようと考えているが、ヤミ金からの嫌がらせが来ないか心配している人がいたとします。この人は真面目に返済を続けている方です。なぜなら嫌がらせをまだ受けていないからです。

 

 

ヤミ金も最近では人を選びます。すぐ返せなくなってしまう人にはお金を貸しません。ですが、そんな几帳面な人でも、お金が工面できず返済が遅れてしまったり、ヤミ金からの連絡を無視するようになると、急に態度を一変して取り立ての電話がはいるようなります。いよいよヤミ金からの嫌がらせが、本人だけではなく、家族・身内、そして職場にも始まります。

 

 

嫌がらせでよく聞く話しは、自宅や近所の家にピザや寿司などの出前を頼んだりすることですが、いちばん困るのは、ヤミ金だと名乗って勤務先に電話をかけてくることでしょう。また、黙っておいて欲しいのが、自分の親に連絡を入れて心配をかけることです。配偶者の両親・親族にまで連絡が行くのは最悪です。

 

 

また、教えてもないのに、子どもの学校にも連絡してくるヤミ金もいます。学区内の小中学校に通っている子どもさんがいれば、これは至極簡単ないたずらです。

 

 

ヤミ金の嫌がらせは遅れず返済していればまず平気

 

このような嫌がらせを起こせないためには、きちんと遅れず返済を続けることです。おかしなことと思うかもしれませんが、ヤミ金業者は、貸しても返ってくる見込みがないぐらい行き詰まっている人にはお金は貸しません。内情はわかりませんが、ヤミ金の審査は意外に厳格なものです(違法にクレサラ情報を閲覧している)。過去に債務整理の経験があった方も基本的に断ります。

 

 

つまり、ヤミ金が望んでいる客は、できるだけ長く真面目に返済を続けてくれる可能性の高い客なのです。彼らも取り立てや嫌がらせは、できればしたくないのが本音なのです。そうすればヤミ金のシステムは楽に儲かります。彼らは楽して儲けたいだけなのです。

 

 

ただし、ヤミ金の返済を、彼らと拗れることなく安定的に続けていける人はそういません。できればヤミ金との関係がおかしくなる前に、弁護士に相談してください。

 

 

ヤミ金の嫌がらせを止めさせるには「連絡をとらない」「連絡先を変える」ことに尽きる

 

ヤミ金の返済を安定的に続けることは不可能ですから、早く法律の専門家に相談しましょう。できれば弁護士に受任通知を出させるのは、きちんと返済を続けているうちが良いかもしれません。こうすれば一度も嫌がらせを受けないで、解決できるかもしれません。

 

 

そしてヤミ金業者とは連絡しないようにします。できれば電話番号を変えてしまいましょう。勤務先にヤミ金から電話がかかっても、「本人の都合で退社した」と対応してもらえるように根回しします。電話して本人につながることがわかれば、ヤミ金業者は嫌がらせを止めようとはしません。

 

 

ただし、楽して儲けたいヤミ金業者は、何も反応しない相手をそう長くは追い込みません。とくに080金融の場合、嫌がらせ自体は1,2ヶ月ぐらいでおさまるはずです。

あなたの借金どれくらい減るか知りたくありませんか?

親や勤務先にも及ぶヤミ金の嫌がらせを止めさせる方法 親や勤務先にも及ぶヤミ金の嫌がらせを止めさせる方法



親や勤務先にも及ぶヤミ金の嫌がらせを止めさせる方法 親や勤務先にも及ぶヤミ金の嫌がらせを止めさせる方法