ヤミ金に強い弁護士事務所は?


ヤミ金からの督促の電話が、あなたの職場にもかかってくるかもしれない

ヤミ金の被害でいちばんいやなのは、勤務先にまで電話がかかってくることです。この電話が原因で職場に居辛くなり、退社を余儀なくされた方もいることでしょう。しかし、ヤミ金は何とも思っていません。借りた金を返さないあなたの責任と思っているのです。また、ヤミ金に金を借りるくらいだから、遅かれ早かれ、職場を去ることになって当然と思っているかもしれません。

 

 

ここでは、勤務先にまでかかってくる、ヤミ金業者の督促の電話についてまとめてみました。彼らの電話はどうしてこれほどまでにしつこいのか、取り立てを止めさせる効果的な方法とは何か、考えています。結局彼らを動かすには、法に訴える方法しかありません。その効果を上げるには、できる限り素早く動くことです。職場に電話されてからでは、もう遅いかもしれません。

 

 

なぜヤミ金は督促の電話を止めないのか

 

一度、ヤミ金からお金を借りてしまうと、完済しようと返済金を工面しても、何かと言いがかりをつけて完済できなくします。また押し貸しといってあなたの口座に借金を振り込んできます。

 

 

借りた元本は大した金額ではありませが、支払サイトが短く金利も高いので、約束していた期日に返せないということも当然起こってきます。ヤミ金の目的は、資金の回収という甘いものではなく、お金を用意できる相手からは、取れるまで取ることにあります。

 

 

そのため、督促の電話を止めてもらうのですが、督促の電話はお金搾り取るためにかけてきているので、極端な話し、取り立て・追い込みの電話は、債務者が1円も用意できなくなるまで続きます。それは自宅だけではなく、勤め先にも及びます。

 

 

勤め先にかかってくるヤミ金からのしつこい電話を止めさせる方法

 

このような督促の電話を止めさせるには、早急に弁護士に解決を依頼するしかありません。ヤミ金業者ごとの差はありますが、相手が弁護士となると、意外とすんなり引き下がってくれます。

 

 

弁護士に依頼すると、弁護士は依頼者を守る原則から、職場の人間には、実際に本人は借りたわけではないとか、振り込め詐欺にあっているといった対応をしてくれるようです。周りがそれを信じるかは別にしても、配慮ある行為をしてくれます。

 

 

また、職場に督促の電話がかかっても、弁護士に依頼済みなら、本人は退社したと伝えるように話しを合わせたりしてくれます。なぜそうするかは、本人につながってしまえば、勤め先に電話するのを、ヤミ金業者も止められないからです。

 

 

いずれにしても、弁護士に依頼することで、ヤミ金業者のしつこい電話は止みます。ただし、すでに職場に電話されてからでは、あなた自身がつらいかもしれません。相談がまだなら、即刻、ヤミ金被害を扱っている弁護士事務所に連絡することをおすすめします。

 

 

督促の電話を止めさせるもうひとつの方法は警察への相談

 

ヤミ金業者の督促の電話を止めさせるもうひとつの方法は、警察にも相談することです。警察は民事に手を出さないと言われていますが、最近ではそうでもなくなっています。2008年ごろから警察の生活安全課が機能し出し、そこに駆け込む方も多くなっています。

 

 

ただし捜査レベルで動いてもらうには、きちんと被害届けを出す必要があります。それでも、相談の途中などで、警察に電話を替わってもらうだけでも効果はあります。幸い、このやり方で取り立てをやめた事案もあります。

 

 

このように、警察はヤミ金被害の阻止力にも効果は期待できます。警察は意外に頼りになりますので、相談してみることをおすすめします。

あなたの借金どれくらい減るか知りたくありませんか?

どうにかならない?ヤミ金からかかってくるしつこい督促の電話 どうにかならない?ヤミ金からかかってくるしつこい督促の電話



どうにかならない?ヤミ金からかかってくるしつこい督促の電話 どうにかならない?ヤミ金からかかってくるしつこい督促の電話