ヤミ金に強い弁護士事務所は?


ヤミ金とは、本来借りた元本すら返さなくても良い借金

ヤミ金とは、出資法の制限を超える金利でお金を貸す業者のことで、「ヤミ金融」、「ヤミ金」、「闇金」などとも表現されます。またこうしたヤミ金業者は、人権を無視した厳しい取り立てを行うことでも有名です。ここでは、ヤミ金の被害について、また被害にあった場合の対処法についても、わかりやすくまとめてみました。とくに被害に遭って苦しんでいる方は参考にしていただき、解決の一助としてくだされば幸いです。

 

 

なお、ヤミ金業者も、集客には官報などから自己破産者名簿を取得する「DM方式」を使っていますが、最近ではネットを駆使して集客するヤミ金業者も増えています。とくにネットを使って集客する場合、総量規制によって借り入れできなくなったなどの理由で、ヤミ金を使わざるを得なくなった若者らが集まるケースもあるのだとして、昨今、問題視されています。

 

 

ただ、これらはいずれも違法行為であることは変わりなく、たとえ貸し付けてはいても、その元本も本来返す必要はありません。つまり、法的にヤミ金には、返済義務という言葉は存在しません。ヤミ金に手をつけてしまった方は、この過ちを一人で抱え込まず、できるだけ早く弁護士や警察に相談し、取り立てをやめさせる(ストップさせる)ことをおすすめします。

 

 

ヤミ金の被害とはどういったものがあるの?

 

まずヤミ金融被害の相談について触れる前に、ヤミ金の被害にはどういったものがあるのか見ていきましょう。

 

 

まずヤミ金の被害に挙げられるのが、かつてのグレーゾーン金利を凌ぐ超高金利の融資です。よく言われるトイチは10日で1割の利息ですが、年利でみると365%です。このトイチで貸すところは今では珍しいぐらいで、実際には、年利2000%を越す信じがたい暴利で融資しているのが実情です。

 

 

そして、返済できなければ厳しい取り立てにあいます。その返済も月一回ではなく、もっと短サイクルで返済日が訪れます。これがとにかくキツイ。ヤミ金の被害の中でも、返済と取り立てのプレッシャーをあげる人が多いのはわかります。

 

 

また、ヤミ金の聞き取りでは、家族や親の住所もかならずおさえられますが、返済が滞ると、当然こうしたところにも迷惑な取り立てが及んでしまいます。よく、「誰にも知られることなくヤミ金が解決できる」などと聞きますが、それはサラ金までの話で、ほとんどのヤミ金の場合は難しいでしょう。

 

 

また、早い段階で弁護士に相談できて、取り立て地獄からは解放されたのは良いですが、頼みもしていない寿司の出前が届くなどの嫌がらせもあるようです。またこうした嫌がらせとともに、押し貸しなどの迷惑行為をあげる方もいます。ヤミ金が把握している通帳などは早めに使えなくしたほうが良いでしょう。

 

 

ヤミ金で被害を受けてしまったら

 

ヤミ金で被害を受けてしまったら、もはや一人で解決することはできません。出来るだけ早く弁護士に相談すること、そして警察への被害届けを出すことをやらなくてはいけません。

 

 

警察に届けを出せば、弁護士をつけなくても良いように思いますが、ヤミ金の被害で困っているだけで動いてくれる機動力のある警察は未だ少ないのが現状。やはり冷静な状況整理や証拠集収,そして適切な情報を提供することで、はじめて警察が動くようになります。それをしてくれるのが弁護士です。そのため、取り立てを止めさせるためには、警察だけではなく弁護士の力も大きいのです。

 

 

なお、弁護士のほうでは、受任通知をヤミ金融に送付し、弁護士が介入したことを伝えます。この受任通知だけでも、取り立てがストップすることもあるのですが、業者によってはなおも取り立てを止めず、隙あらば、被害者から1万円でも引き出そうとしてくる場合があります。そこで、警察に動いてもらい、口座凍結などの手続きを取るなど、ヤミ金に圧力をかけていくわけです。

 

 

このとき忘れてはならないのが、ヤミ金などの超高金利の違法融資には、法的に元本も返す必要がないということです。ですから、さまざまな取り立てを無視してしまえば、事態は落ち着くわけです。ただ、それほど簡単に事態は解決しません。彼らは数々の嫌がらせを企てますし、親戚や知り合いの住所をおさえていますので、彼らに返済を迫るなどの迷惑行為をしてくるからです。それらをおさえ込むためにも、警察や専門家らの知恵が必要なのです。

 

 

ヤミ金に強い弁護士は?

 

ヤミ金から被害を受けた場合の相談には、まずヤミ金に強い弁護士が窓口としてあげられます。ただ、ヤミ金に強い弁護士が誰なのかをあげられる方はほとんどいないでしょう。そこで、おすすめしたいのは、お近くの法テラスに相談することです。法テラスの場合、最終的な費用の支払いも月1万円や5千円など、低廉な支払い設定にも応じてもらえますので安心です。

 

 

よく法テラスを否定するような記事を見かけることがありますが、個人で動いている弁護士事務所より、法テラスの契約・登録弁護士のほうが、債務整理案件に明るい弁護士が多いのは当然です。たしかに、ヤミ金被害は一般の債務整理とは違いますが、ヤミ金の相談をよく受けている弁護士の情報は法テラス内で把握されています。少なくとも、一人で電話帳をあたるより、効率的ではないでしょうか。法テラスでなければ地元弁護士会などをあたってみても良いでしょう。

 

 

それでも一人で探してみるというなら無理には止めませんが、避けてほしいのは、すでにネットや『知恵袋』などのQ&Aサイトで取り沙汰されている(すでに悪評が立っている)弁護士・司法書士事務所を使うことです。まともな弁護士に相談すれば、「ヤミ金には今後1円たりとも返済しないように」などと言われるわけですが、なかには「元金だけでも返すように」とあり得ない提言を受けたり、別件で過払い金請求をすすめてくるところもあるようです。こうなると「ヤミ金とグルなのか」疑わしい事務所も存在しているようです。このようなことがあるので、私は最寄りの法テラスをおすすめします。

あなたの借金どれくらい減るか知りたくありませんか?

ヤミ金の被害のから逃れるために、まずやらなくてはならないこととは ヤミ金の被害のから逃れるために、まずやらなくてはならないこととは



ヤミ金の被害のから逃れるために、まずやらなくてはならないこととは ヤミ金の被害のから逃れるために、まずやらなくてはならないこととは