ヤミ金に強い弁護士事務所は?


ヤミ金の借金を債務整理したいが費用は?

ヤミ金は一般の貸金業者とは違い、違法な高利貸です。債務整理と言っても、通常のものとは違ってきます。またヤミ金にハマる人は、ほかからの融資を断られた方が多く、弁護士・司法書士もそれを見込んで費用を設定しているようです。

 

 

ここでは、ヤミ金問題を解決するのに費用が幾らかかるか、ほかの債務整理を一緒に進めるとき、どのような注意が必要かなど、できる限り平易にまとめてみました。

 

 

1社あたり費用は、弁護士・司法書士でくらべると、司法書士のほうが一般的に割安ですが、両者には取り扱える業務に差があることから、個人的には幅広く債務整理を扱える弁護士のほうが有利にことが運ぶような気がします。このあたりは抱えている借金の質にも左右されますし、もちろん個人差も考えなければいけないでしょう。弁護士・司法書士の選択は、表面上の費用に左右されず、解決してくれる意思の強さをくらべてみることが大事です。

 

 

ヤミ金の被害解決の費用について

 

ヤミ金の債務整理を考えている人は、やはり費用のことが気になるでしょう。ヤミ金問題を解決したい方は、基本的に経済的に苦るしい方が多いようです、つまり、通常の借入れができない方、ただいま自己破産中の方、生活保護を受給中の方、年金で生活されている方などがあげられます。ヤミ金の解決費用はこうした事情を考慮しており、費用設定もわかりやすくシンプルになっています。

 

 

基本報酬はヤミ金業者1社につきいくらと決まっており、弁護士事務所の場合は5万円から、司法書士事務所は3万円、あるいは4万円からと言うところが多いようです。これに、別途事務手数料(5万円〜4万円)と、消費税がかかります。

 

 

なお、ヤミ金の着手金ですがはかからない、まったくかからないか、いただくところは1万円で対応しているところもあります。ヤミ金業者3社なら、20万ほどかかってくる計算ではないでしょうか。

 

 

ただ費用の半分は先払いになるとしているところもありますので、確認は必要です。それ以外は分割払いにも対応していますので、支払が不安な方でも、まず安心できるでしょう。

 

個人向けのヤミ金なら超過分はそれほど気にしないで済む

 

ヤミ金問題も解決では、ヤミ金業者1社につき幾らかがわかれば、後は業者数を掛ければ費用も目安がたちます。ただし、事案によっては超過分が発生することも考えられますので注意が必要です。

 

 

超過分が必要になのは、被害金が分配できたときです。被害金の分配とは「振り込め詐欺救済法」に基づく口座凍結などで、口座に相当のお金が残っていた場合に分配されたお金のことです。この場合でも、弁護士らの成功報酬が3割だったとしても、弁護士に払う成功報酬は分配金として返還されますから、準備は不要です。

 

 

あとは、お金が発生しないのに超過分がでた場合ですが、それは個別に聞くしかないでしょう。通常、個人向けの普通の080金融の被害なら、超過分はそれほど気にせず相談できると思います。

 

 

ヤミ金以外の債務整理も重なったときの注意点

 

ヤミ金を整理したいと言う方は、貸金業者からの債務も相当抱えていることが考えられます。ヤミ金と通常の債務整理が重なった場合は、解決後(和解成立後)、その費用が払えなくならないよう注意しなければなりません。

 

 

とくに裁判所を介した特定調停や個人再生は、示談成立後も残債があればそれを支払うことになりますが、払えなければ(合意事項を破ると)待ったなしで給与差し押さえなどの強制執行が及びます。法律は相手だけではなく、自分自身にもシビアなので注意しなければなりません。

 

 

ただし、債務整理の返済期間は、一般的に3年〜5年と比較的長く設定されています。残債などの支払期間は設定に余裕を持たせるようにしたいものです。また、任意整理などは和解成立までが長いので、その間にヤミ金のぶんの支払を計画的に進めておけると良いでしょう。

あなたの借金どれくらい減るか知りたくありませんか?

ヤミ金問題を解決するのに費用はどれぐらいかかるか ヤミ金問題を解決するのに費用はどれぐらいかかるか



ヤミ金問題を解決するのに費用はどれぐらいかかるか ヤミ金問題を解決するのに費用はどれぐらいかかるか