ヤミ金に強い弁護士事務所は?


最近は任意整理ができないことも

任意整理は裁判所を通さずに、弁護士や司法書士が任意に借金を圧縮・減額する手続きです。ここでは、ヤミ金からの借金も任意整理できるかを見ていきます。

 

 

ところで、最近の借金は任意整理が難しなったと聞きます。グレーゾーン金利の債務を抱えている方が減り、つぎは完済した借金から過払い金を取り戻そうという方が動いているのだということです。そうしたなか、任意整理でヤミ金からの借金が整理できるのか詳しく見ていますので、参考になさってください。

 

 

ヤミ金の借金も任意整理できるか

 

まず、ヤミ金の借金も任意整理できるのかについて見ていきたいと思います。

 

 

任意整理は、おもに金利の引き直し計算により債務を圧縮していく債務整理です。ヤミ金法定利息をはるかに上回る利息を用いていますから、任意整理でも借金減ることが考えられそうです。

 

 

ただし、ヤミ金が任意整理の打ち合わせに応じるとは考えにくいことです。なぜなら、彼らは違法行為と知った上で、法外な利息でお金を貸付ている犯罪集団だからです。冷静に考えて、そのような人たちが債務整理の相談にのるとは考えられません。

 

 

しかも任意整理とは、本来返さなくてはいけないはずの借金を交渉によって圧縮してもらう話し合いです。ただし、ヤミ金からの借金は元本すら返還しなくても良いといわれる犯罪被害金です。このためヤミ金からの借金は借金の整理には馴染まない種類のお金と判断したほうが良いでしょう。

 

 

また彼らは貸金業者でもありません。違法な高利貸しを企てるヤクザのようなものです。そのような相手に対して、まともな債務整理をしようと持ちかけても無駄です。ヤミ金にはそれに応じた方法で(任意整理以外の)対応をするべきです。

 

 

振り込め詐欺救済法を使った口座凍結でヤミ金からお金を取り戻す

 

ではヤミ金からの借金を、どういう方法で解決すれば良いでしょうか。その大部分の所在がわからないヤミ金融の場合、通常の方法でお金を戻すことは難しいです。弁護士に介入してもらうことで、とにかく取り立て行為は止むはずです。しかし、払ったお金を戻すことは弁護士が交渉しても困難です。

 

 

ただ、ヤミ金から借りたお金は、利息だけではなく元本も返済しないで良いとされています。そこで、「振り込め詐欺救済法」を使い、口座凍結によって被害にあった資金を分配する方法をとります。

 

 

「振り込め詐欺救済法」とは、簡単に言うと、犯罪に利用されている口座の取引を停止させ、口座残高を被害者に分配しても良いとする法律です。実際に使う場合は細かな規定がありますので、弁護士や司法書士に相談して行ったほうが良いでしょう。

 

 

もし口座にお金が残っていた場合は、少しでも返済に使った資金が取り戻せる可能性があります。逆に資金が残っておらず、戻らないことも多いのですが、この法律を使って戻った実績もありますので、まったく無駄ではありません。

 

 

弁護士や司法書士と契約し、受任したことを通達すれば、もうヤミ金から直接電話がかかってくることはないでしょう。つぎは、口座凍結による費用の分配もぜひチャレンジしてみてください。

 

 

いまは債務整理自体が難しくなっている

 

ヤミ金に手を出したということは、ヤミ金以外の借金もかなりかさんでいるはずです。もし、ヤミ金以外の借金を任意整理で圧縮できればと考えているのなら、抱えている債務が、むかしよくあったグレーゾーン金利の借金なら、相当な圧縮も可能です。

 

 

ところが、抱えている借金が年18%などの法定内利息のものだと、任意整理自体が難しくなります。法定内利息であれば、金利差が出ません。そうなると、支払計画を見直す交渉をしていくしかありません。それでも交渉に応じてくれる貸金業者がいれば良いですが、交渉にも応じようとしないところも出てきます。そうなると、任意整理は難しくなり、自己破産しか選択できない人もでてくるでしょう。

 

 

いまは債務整理が難しくなっています。他人事に聞こえるかもしれませんが、借金はほどほどにしたほうが賢明です。

あなたの借金どれくらい減るか知りたくありませんか?

ヤミ金の借金は任意整理ができるのか ヤミ金の借金は任意整理ができるのか



ヤミ金の借金は任意整理ができるのか ヤミ金の借金は任意整理ができるのか