ヤミ金に強い弁護士事務所は?


ヤミ金の取り立てに困っている人

ヤミ金の取り立てが好きな人はいないと思いますが、その取り立てが好きになれないわけは、取り立ては催促ではなく嫌がらせに近いからでしょう。返済を促すことが取り立ての目的です。しかしヤミ金の取り立ては家にとどまらず、身内、会社にまで電話がかかってきます。これは、もはや嫌がらせ以外の何者でもありません。

 

 

ここでは、家や会社に取り立てがきて困っている場合の対処法についてお伝えしています。ヤミ金問題の対策は、はっきり言いまして、法律の専門家の介入が不可欠です。そして最近になり対応が変わりつつある警察も心強い味方です。

 

 

取り立てに関しては、弁護士らの指示に従い接触(電話)を絶つことで、意外に早くストップします。支払いが滞りはじめると取り立てが始まりますので、そうなる前に相談するのをおすすめします。

 

 

いまもヤミ金の取り立てに効果がある受任通知

 

ヤミ金の取り立ては、返済が続かなくなると始まります。はじめは脅すだけなので様子をみますが、そのうち本当に家や身内宅、会社に電話をかけてきます。

 

 

取り立てがイヤなら真面目に返済を続けるか、それができないのなら、はじめからヤミ金などに手を出さないことです。ただ、いまヤミ金を使っている方は、それなりに事情があって使っているわけです。

 

 

ヤミ金の取り立てから解放されるには、弁護士や司法書士に受任通知を出してもらうのが確実です。警察も相談先として選んでも良いのですが、忙しい警察になると対応が遅れることもあり注意が必要です。受任通知は金融機関に債務整理を開始したことを伝えるものですが、ヤミ金に対しても同じものを使います。

 

 

ヤミ金は一般的に住所を明らかにしていないことが多いので、口頭で受任したことを伝えます。これでも取り立てが続くことがありますので、依頼人に絶対電話に出ないよう伝えます。家や会社に取り立ての電話がいく場合がありますから、先に根回しをしておきましょう。会社には「本人は退社していない」としてもらうなど、理解ある対応が必要な場合があります。

 

 

効率を重視するのがヤミ金の取り立て

 

取り立てがしつこい業者がいても、毅然と無視し続けることで、それも1ヶ月もすると取り立てはほとんど止みます。なぜあれだけしつこく続いた取り立てが止むのか。それは、彼らの取り立て自体が効率を重視しているからです。

 

 

同じ労力をかけて取り立てを行うなら、ちゃんと連絡がつながり、効果のある取り立て先に時間をかけたいと誰でも思うものです。連絡先にかけてもつながらず、身内や会社に連絡しても無視され続ければ、ヤミ金もリストから除外するのでしょう。

 

 

取り立ては、されているときはつらいですが、手を引くと決めたら、相手が意外にあっさりしているものだと気づくのではないでしょうか。

 

 

警察相談がヤミ金の取り立てを止めさせる

 

相談先を弁護士や司法書士に据えた場合の例をあげてみたわけですが、警察を相談した場合はどうなるでしょう。

 

 

警察への相談は、所管の警察署の生活安全課が窓口になっています。先ほど、対応にばらつきがあるとお伝えした警察ですが、以前にくらべて前向きに相談にのってもらえる印象があります。むかしはヤミ金に対する認識も、警察は現状を把握仕切れていないと思えることもありました。しかし今では、ちゃんと相談できる組織に変わってきています。

 

 

警察は弁護士のような受任通知はありませんが、事件に警察が介入したことを伝えると、受任通知かそれ以上の効果があります。ヤミ金業者の数が多ければすべての業者に警察が介入したことを伝えるのは難しいかも知れませんが、やれば確実に効果が期待できるでしょう。

 

 

なかには、初期の相談だけで、すべての取り立てを終わらせた例もあります。今後、益々、警察の活用例が増えてくのではないでしょうか。

あなたの借金どれくらい減るか知りたくありませんか?

どうにかならない?ヤミ金による家や会社へのしつこい取り立て どうにかならない?ヤミ金による家や会社へのしつこい取り立て



どうにかならない?ヤミ金による家や会社へのしつこい取り立て どうにかならない?ヤミ金による家や会社へのしつこい取り立て