ヤミ金に強い弁護士事務所は?


返済に困ったら読んでみて欲しい

ヤミ金の返済が遅れそうで困っている方に言っておきますが、いつなら返せると言えるのなら、ヤミ金もきつくあたってはきません。ただし、返せるあてがなくなったり、利息すら返済できなくなると要注意です。つまり、まだ返せているうちに、法律の専門家のドアをたたいて欲しいと言うのが本音なのです。

 

 

ここでは、ヤミ金の返済に困っている人、すでににっちもさっちもいかなくなってきている方に、返済における注意点をまとめています。また本気で解決したい方に向けておすすめの弁護士事務所も紹介しています。ぜひ相談してみてくださればと思います。

 

 

ヤミ金もはじめのうちは滞納しても大目にみてくれる

 

ヤミ金への返済を滞納しそうになったり、当日滞納しそうなときは遅れる旨を伝えて、いつまで待って欲しいといった返済可能日を伝えてください。本気で返す気なら、これがいちばんの方法です。

 

 

ヤミ金は、遅れる理由と返済可能日を言えば、大概は大人しく言うことを聞いてくれます。一度や二度、返済がずれたとしも、いきなり嫌がらせに走ることはありません。

 

 

ちなみにヤミ金は、通常、返済予定日までに全額の支払いが基本です。つまり元金と利息を合計したぶんです。たとえばトサンで3万を借りたら、ヤミ金は21,000円を借り主に渡し、利息の9,000円分を事務手数料として徴収するのが一般的です。そして10日毎の支払利息がついた30,000円を振り込まされるわけです。これが返済できないとなると、9,000円だけ支払わされます。これが俗に言う「ジャンプ」です。サラ金などの返済に慣れている人は、ヤミ金の返済方法に、逆に面食らうかもしれません。

 

 

ただし、利息払いが滞納する(つまり「ジャンプ」がきつい)ようなら、これは危険かもしれません。ヤミ金は一度なら見逃してくれるでしょうが、二度目は難しいかもしれません。

 

 

ヤミ金の利息も滞納するようになったら要注意!

 

なぜなら、ヤミ金はもともと小額しか融資しませんし、しかも短サイクルで元利一括払いが基本だからです。これができないと、ヤミ金自体、回収リスクが高まります。ですからよほど信用がおける客でもなければジャンプ払いも嫌います。

 

 

いくらヤミ金でも元金は小さいので、はじめのうちは利息も小額です。短期返済であれ、これが滞納すると言うことは、借り主の財布事情が相当苦しいことを意味します。そうなると、じきに弁護士に相談して解決することが予測されます。当然ヤミ金はこうした客を嫌いますから、いっきに取り立てがきつくなり、嫌がらせも始まります。

 

 

こうならないためにも、なるべく順調に返せているうちに、ヤミ金の借金を解決して欲しいのです。この場合、リスクは少なく解決できます。多分、順調に返せると言った甘い読みが地獄を見させるのです。

 

 

若く経験豊富な弁護士が集まっている『弁護士法人RESTA』

 

ヤミ金問題を解決するなら、その方面に詳しい弁護士事務所の相談するのがいちばんではないでしょうか。そこで私たちは『弁護士法人RESTA』をおすすめしています。

 

 

『弁護士法人RESTA』の名前の由来は、英語の「再スタート=Restart」からきています。債務整理やヤミ金問題の解決は、どうしても人生の暗い面を引きずりがちですが、失敗のない成功者はいないように、失敗を糧として前向きに人生をやり直すことを『弁護士法人RESTA』も応援しています。

 

 

『弁護士法人RESTA』は若く経験豊富な弁護士が集まっていることでも知られています。相談はすべて無料ですから、まずはお気軽にお問い合わせください。

あなたの借金どれくらい減るか知りたくありませんか?

ヤミ金への返済が滞納しそうで困っている人へ ヤミ金への返済が滞納しそうで困っている人へ



ヤミ金への返済が滞納しそうで困っている人へ ヤミ金への返済が滞納しそうで困っている人へ