ヤミ金に強い弁護士事務所は?


任意整理やヤミ金問題を扱えるようになった司法書士

2003年の法改正で、司法書士にも任意整理やヤミ金問題を扱えるようになりました。ここでは、司法書士事務所における費用についてまとめてみました。弁護士だけではなく司法書士事務所にも、相談の門戸は開いています。気になる方、あるいは司法書士って何を扱う仕事か知りたい方は、検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

ヤミ金問題を扱えるようになった司法書士。ただしその業務は一定の制限がある

 

そもそも司法書士とは、どんな職業なのか知っているでしょうか。司法書士とは登記・供託を扱う資格です。私たちの暮らしの身近なところだと、家などの購入で、登記簿謄本を作成したり当該書類を法務局にあげたりするのが本来の仕事です。法務局近くによく事務所を構えているのは、こうした職種だからです。

 

 

ただし司法書士なかでも、一定の研修・考査を受けると認定司法書士として簡易訴訟代理等関係業務を行ことができるようになります。具体的には、2003年の法改正により,司法書士に140万円以下の借金についての交渉権と簡易裁判所の訴訟代理権が認められました。債務整理やヤミ金問題で、司法書士の名前を見るようになったのはこのためです。

 

 

なお、認定司法書士であっても訴訟代理権は簡易裁判所のみに限定されます。自己破産や民事再生は,地方裁判所に申立を行う必要があるので、司法書士には訴訟代理権がありません。また債務総額が140万円を超す場合も司法書士には交渉権が認められていません。したがって認定司法書士となっても、あくまで補足的に弁護士の業務をフォローすることにとどまっていると言えるでしょう。

 

 

司法書士に頼んだ場合の費用はたしかに少し安いが......

 

司法書士にヤミ金問題を相談する場合も費用は大体同じですが、1社あたりの基本報酬の額が弁護士事務所とくらべてみると、少し安く設定されているのがわかります。弁護士事務所が1社につき5万円よりが相場とするなら、司法書士事務所は3万円から4万円というところです。司法書士事務所の方が割安で相談できるところが多いということです。

 

 

おそらく司法書士事務所の場合、扱える事案は総額140万円までの借金に限られますので、この差は仕方がないとも言えます。ただし、基本報酬が1、2万円安いからといって、問題解決能力に差が生まれれば、わざわざ法改正までして認定司法書士の制度をつくった意味がなくなってしまいます。

 

 

優秀な司法書士事務所も多く存在するなか、費用の安さが、いたずらに客寄せの手段として使われてしまうのはもったいない話しです。みなさんも、能力のある認定司法書士事務所を選んでほしいものです。

 

 

処理したい借金の総額が140万円を超えていた!

 

最後に注意点をふたつばかり。基本報酬は司法書士事務所のほうが少し安くなっているところが多いものの、費用の中身は司法書士と弁護士で大きな違いはないと言って良いと思います。

 

 

ヤミ金問題の解決では、1社あたりの基本報酬 × 業者数、これに事務手数料がかかるぐらいで済むところが多いです。ただし、システム金融などの手形を使った事業者向けのヤミ金の処理の場合や、事案によってはもっと複雑な融資を抱えてしまっている場合もあるでしょう。このように一筋縄では処理できない案件については、費用も当然変わってきます。その場合は個別に試算してもらってください。

 

 

また、あまりないことですが、司法書士事務所のヤミ金相談の場合、借金の総額を間違えると、後々依頼をキャンセルしなければならなくなります。つまり相談するべき借金の額が140万円以内と思っていたら、それ以上あったという場合です。処理するべき借金がヤミ金以外の借金も含まれる場合や、家族の誰かも借金を抱えていたという場合がこれにあたります。

 

 

かりに契約して話が進んでいたら、キャンセル費用も払わなければなりません。司法書士に相談する前に、もう一度相談するべき債務額を棚卸ししてみられることをおすすめします。

あなたの借金どれくらい減るか知りたくありませんか?

ヤミ金問題を扱えるようになった司法書士事務所!費用はどのくらい? ヤミ金問題を扱えるようになった司法書士事務所!費用はどのくらい?



ヤミ金問題を扱えるようになった司法書士事務所!費用はどのくらい? ヤミ金問題を扱えるようになった司法書士事務所!費用はどのくらい?