ヤミ金に強い弁護士事務所は?


いったい弁護士費用というのは幾らかかるの?

ヤミ金被害に苦しんでいる方の中には、弁護士に相談することを考えている方もいることでしょう。実際に弁護士に相談した場合、費用はどのぐらいかかり、最終的な負担は幾らぐらいになるのかご存知でしょうか。

 

 

ここでは、ヤミ金問題解決に弁護士に相談した場合の費用や支払い方法についてまとめています。ヤミ金被害にあわれ、弁護士相談を考えている方には参考になればと思います。

 

 

なお、ヤミ金問題を解決してくれる弁護士ですが、人選を誤ると、問題をさらに長引かせてしまうこともあります。弁護士にもいろいろな人がいることを忘れてはいけません。

 

 

費用は1社あたり5万円よりが相場

 

弁護士事務所に支払われる費用は事務所ごとに違いますが、1社あたり「5万円〜」となっているところが多いようです。つまり、数社にわたって借りていれば、それだけ金額もかさむことになります。

 

 

つぎに着手金ですが、相談や着手料は一般の債務整理とは違い、無料というところがほとんどです。したがって大抵の事務所が、最終的にヤミ金被害が解決するまで、費用がかからないところが多いのです。ただし、事務所によっては依頼時に半額はいただくとするところもありますので、相談時に確認は必要です。

 

 

なかには費用を節約するため、4社から借りていても、2社だけ相談して、後の2社はもう少し使ってみようと思うかもしれません。しかし、引っかかっているヤミ金は、すべて縁を切るのが基本です。たとえそれができたとしても、あなたが2社に苦しむことは確実です。

 

 

費用の支払いには月々1万円でも応じてもらえることも。ただし支払い遅延に十分注意!

 

一般の債務整理と同じように、どの弁護士事務所でも、費用の後払いや分割払いには応じてくれます。なお費用の分割払いにはクレジット会社が代行しているところがあり、(私の知る範囲ですが)金融事故を起こしてしまってもこの分割払いは受けてくれます。金額が少なく、事務所経営は大丈夫かと心配にはなりますが、下手な心配はしなくて良いでしょう。

 

 

月払い最低額は、かかった総額にもよりますが、月々1万円づつでも応じてもらえるようです。大事なことなので、臆せず、ぜひ確認をしておきましょう。これで無理して、またヤミ金のお世話になると最悪です。

 

 

なお、クレジット会社が入っている場合はもちろんですが、今月は支払いが厳しいという場合は、事前連絡を入れておくようにしてくれと言われることがあります。分割で費用を納める場合は、支払い遅延は極力生じないように注意してださい。

 

 

見積もりなどの比較は案件ごとの総額で判断する

 

弁護士に解決を頼んだ場合、概ねかかる費用の目安は理解できたと思います。あとは別途、事務手数料がかかりますが、その費用も基本報酬に含めて出すところもあるでしょう。

 

 

こうした「その他の費用」については、確認すれば個別に教えてくれますが、別途費用を合算した総額は、結局どこも大して変わらないとわかるはずです。つまり、費用と言うのは、事案ごとに総額で試算し、それで比較するものということ。基本報酬が1万安いからといって、この弁護士事務所は安いと判断するのは安易すぎます。あなたの案件で、総額いくらかかるのか試算してもらいましょう。

 

 

また、ほとんどのヤミ金事件では、基本報酬と事務手数料で済むところが多いはずですが、処理が難しい案件を抱えている場合、基本報酬が増えることも考えられます。打ち合わせの段階で、ヤミ金を使うようになった経緯や手形を使ったもヤミ金ではないか、弁護士に詳しく伝えておくことが大切です。

あなたの借金どれくらい減るか知りたくありませんか?

ヤミ金問題の解決に欠かせない弁護士費用について詳しく解説! ヤミ金問題の解決に欠かせない弁護士費用について詳しく解説!



ヤミ金問題の解決に欠かせない弁護士費用について詳しく解説! ヤミ金問題の解決に欠かせない弁護士費用について詳しく解説!